RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

My First JUGEM

<< キャリア・カウンセリング(コンサルティング) | main | 静岡こころのサポートセンター学習会 >>
中学校キャリア教育の手引きから
0
     現在、検討されている中学校のキャリア教育の手引きから目次を参考にしてみる。

    第1章 キャリア教育とは何か
    第1節 キャリア教育の必要性と意義
    1.キャリア教育が提唱された背景
     (1)子どもたちをめぐる課題
     (2)キャリア教育の提唱と経緯
    2.キャリア教育の定義
     (1)キャリアとは
     (2)キャリア発達とは
     (3)キャリア教育で育成すべき力
     (4)今後のキャリア教育における勤労観・職業観の位置づけ
    3.キャリア教育の目標
     (1)中学校3年間を見通した目標設定
     (2)キャリア発達を踏まえた目標設定
    4.キャリア教育に期待されること
     (1)「生きる力」の理念を実現する視点から
     (2)いわゆる「PISA型学力」の視点から
     (3)言語活動の充実という視点から
    5.キャリア教育の意義

    ここでのキャリア教育についての背景については、キャリア・コンサルティングを学んだ皆さんが知っているように、社会経済。産業的環境の国際化、グローバリゼーションなどであり、それらの視点を子どもたちの立場から見ている。また、環境の変化が子どもたちの心身の発達にも影響があることを云っている。そのうえで、「生きる力」の育成(確かな学力、豊かな人間性、健康・体力)→社会人として自立した人を育てるという視点でキャリア教育の推進が計画されている。
    これから携わる者には、文科省が何を求めているのかを知る良い指標になると考える。
    | - | 19:27 | comments(0) | - | - |